離婚について弁護士に相談しよう
2019年1月18日

相続について弁護士に相談する

相続について弁護士に相談することはよいことです。

まず、相続というのは、何もかも自由できるわけではないのです。ですから、どうしても出来ないことがあったりしますので、そのあたりを弁護士に聞くとよいのです。財産と言うのは、常に変動するものではありますが、ある程度、相続を気にし始めた場合は固定化されているものです。ですから、弁護士と一緒に財産の把握からやることになるのが普通であり、そして、誰にどのくらいの割合で渡さないといけないのか、というのを知るとよいです。

遺留分というものがあり、それはクリアしないといけないわけです。ですから、意外と思い通りにいかないことが多いですから、そのあたりも含めて弁護士に相談するのです。いくつか方法がないわけではなく、例えば、贈与という形で多く渡したい人に相続以外という形で渡す方法もあります。

それでも揉める可能性があることではあるのですが、弁護士に依頼しておいたかどうかによって、相当話がスムーズに進むかどうかが決まるといってもよいのです。お金が絡んでくることですから、骨肉の争いに発展するのはよくあるのです。しかし、そうならないようにある程度手を打っておくことは、財産を残す側としてのある意味での責務であるといえます。ですから、まずは相談をして、どうしたらスムーズに相続を完遂させられるのかをよく話し合うべきなのです。確実ではないのですが、可能性が高くなるのは確かです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *